SHOWA Holdings.co.,Ltd.
SHOWA Holdings Gruop

昭和ホールディングスTOP > 企業情報:CEO挨拶

CEO挨拶

2016年7月
CEO T.Konoshita

 2016年6月28日に開催されました第115回株主総会において、取締役9名全員が重任され、その後の取締役会で代表取締役最高経営責任者を改めて拝命いたしました。昭和ホールディングス株式会社の最高経営責任者として9回目のご委任を受けることになります。

 これまでの8年間は厳しい外部環境等のなか、非連続的な改革を実行し、当社を成長させた極めて革新的な8年間でした。その中で連結売上高は私が就任する前年の39億円から122億円に、持分法適用会社まで含めたグループ売上高は179億円となり、200億円も間近となってまいりました。

この成長はM&Aによる非連続の成長に加えて、当社が傘下に収める各社の事業を着実に成長、改革していることによるものです。2016年3月期においては、アジアにおいて大きく成長するファイナンス事業を筆頭に、日本国内では当社グループ最大の食品事業がそのポテンシャルを発揮して成長を加速しております。また、1974年以来の不振が続いておりました旧来の主要事業でありますゴム事業も利益化を果たし、アジアでの成長に向けて各地に事業会社が設立され、次々に利益化しております。またスポーツ事業においてもソフトテニス分野に加えて、テニスクラブ再生運営事業が軌道に乗り、リゾート事業は世界的な賞に選ばれるなど、喜ばしいニュースが相次ぎました。

 今後、2015年6月に発表いたしました中期経営計画「アクセルプラン2015 ギア2「加速」」を実行し、アジア全域で当社の事業を成長させます。グループ全体の売上高を400億円、純利益目標を20億円、実質純資産目標を1200億円として取り組んでまいります。またこのような数値目標だけでなく、各事業の持つ社会的意義を見失うことなく発展させ、アジアの人々の幸せに貢献するとともに、当社自身の内在価値を存分に伸ばしていきたいと考えております。

 1997年にタイで起業し、アジアの現場でビジネスを実行してまいりました私にとって、これほどやりがいのある仕事はありません。株主の皆様のご負託に心から感謝してやみません。ここまでの8年間で私どもの各事業はアジア展開、多方面展開を果たし、確実に成長軌道に乗りました。皆様の温かいご支援を宜しくお願い申し上げますとともに、ここからの当社の成長にご期待いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

| 個人情報保護方針 | 利用規約 |

↑ ページの先頭へ

 Aiming for a 200 year old Company.

Copyright 2017 SHOWA Holdings Co., Ltd. All Rights Reserved.